抜け毛・薄毛解消!正しい頭皮ケアで女性の薄毛対策をしましょう!

薄毛・抜け毛にお困りの方へ!女性の薄毛は正しい対策をしましょう

 

 

薄毛で悩んでいる女性が急増しています。
最近は若い世代から薄毛に悩まされる女性もたくさんいます!

 

それはなぜなのでしょうか?

 

年齢層の違いから想像できるように薄毛の原因はひとつではありません。

 

年齢によるものから体質や遺伝子によるものまでいろいろあります

だからこそ多くの女性が薄毛に頭を悩ませているのですね。

 

 

女性の薄毛でお悩みの人の中には もう髪が元に戻らないのではと恐れている方がいるかもしれません。

しかし女性の薄毛にはそれぞれにお手入れ方法があります。正しい知識であなたの美髪を取り戻していきませんか?

 

管理人にについては私の壮絶抜け毛体験にかいています!

2人目を産んでから抜け毛がひどくなり、悩んで薄毛を克服した経験からこのブログをやっています

 

私の抜け毛も30代から始まりました!

なぜ30代から薄毛に悩みはじめるのでしょうか?
30代女性の抜け毛の悩み(原因)と悩み別おすすめ女性育毛剤の選び方で詳しくかいています!

 

[icon image=”arrow4s-g-b”]女性育毛剤の頭皮の症状別の選び方は[icon image=”arrow4s-g-b”] 女性育毛剤の選び方!自分にあった育毛剤を選ぶ!

 

[icon image=”arrow4s-g-b”]まずは抜け毛・薄毛危険度チェック[icon image=”arrow4s-g-b”] [icon image=”check1-r”]あなたの髪は大丈夫?抜け毛・薄毛危険度チェック!

 


頭皮ケアの前に簡単な髪の疑問にお答えします!

こんな髪の疑問ありませんか?

 

 

 

パーマやカラーを繰り返すと、抜け毛が増えるって本当なの?

[faq_q color=”red”]パーマやカラーを繰り返すと、抜け毛が増えるんですか?
[/faq_q][faq_a]抜けるって感じじゃなく髪が細くなりボリュームがなくなることがおおいです!

 

髪は海苔巻きのような3層構造になっています!
中心部分を(メデュラ)その外側を(コルテックス)といいます!

 

タンパク質を主成分としたコルテックスを保護しているのが
(キューティクル)で髪の最も外側をうろこ状に
覆っているんです!

 

パーマやカラーを繰り返すと
薬品の刺激でこのキューティクルが
めくれてしまいます!

 

すると、うろこ状のすきまから
コルテックスが流れ出てしまい髪が
細くなり量が減ったように見える
のでそう感じるのでしょう!

 

美容室などで、パーマやカラーと一緒にトリートメントを勧められることがあると思います

これは減ったコルテックスを補うと
同時に傷ついたキューティクルを
いち早く補修するために髪をコーティングし
細くなるのを予防するためだったんです!

 

その後は自宅では、毎日
トリートメントすることをお勧めします[/faq_a]

 

[faq_q color=”red”]ブラッシングするほど、髪にツヤが出る?
[/faq_q][faq_a]過度のブラッシングはキューティクルを剥がし髪を傷める原因になります!

ブラッシング後、髪にツヤが出たように見えるのはツヤではなく
髪を整列させてキレイに見えているだけです!

 

特にぬれた髪のキューティクルは1枚1枚が水分によって
浮き上がっているので簡単に剥がてしまいます!

ブラッシングによって起こる静電気も
剥がしやすいため髪の天敵となるんです!

 

静電気が起こりにくいよう加工してあるブラシや
動物の毛のタイプを使うようにしてくださいね!

 

動物の毛のブラシが昔から良いとされるの理由は
もともと油を含んでいるし
使用しているうちに髪の余分な油を吸収し
静電気が発生しにくくなるんです!

 

またブラッシングの前に
洗い流さないタイプのトリートメントの
使用もお勧めですよ!

乾いた髪よりも全体へ浸透しやすい
ことのでぬれた状態で使用するのがいいでしょう!
[/faq_a]

 

[faq_q color=”red”]育毛剤は、髪が薄くなった部分だけに使用すればOKなの?
[/faq_q][faq_a]あまり知られていませんが、耳の裏側の髪の生え際も
忘れずに使いましょう!

髪は頭皮から栄養を得ていますし頭皮に栄養を運ぶのは血液です!

育毛剤は頭皮から吸収されて血管を
通して頭全体に行き渡ることになりますが
頭のてっぺん付近の血管はとても
細いためので頭部で最も太い血管がある
耳の裏側付近に使用することで
効率良く吸収されて
効果があがりますよ!
[/faq_a] [faq_q color=”red”]ドライヤーは低い温度に設定した方がいいの?
[/faq_q][faq_a]ドライヤーは、温度に関係なく乾いた髪に風をあて続けるのはよくありません!

乾燥のし過ぎで髪と頭皮のダメージになります!

ドライヤーのあてるポイントは
乾きにくい根元から順に
中間、毛先と
まんべんなく風をあてて乾かすのが
髪を傷めないコツです[/faq_a] [faq_q color=”red”]リンス、トリートメント、コンディショナーの違いはなんなの?
[/faq_q][faq_a] 髪のコーティング効果があるのが(リンス)
タンパク質を補いつつコーティングもするのが(トリートメント)
(コンディショナー)は、リンスやトリートメントなどの総称として
使用されるものです![/faq_a]

パーマ・カラーは細くなるから毛が少なく見えるんですね!納得できましたか?

 

若くても薄毛には気をつけましょう!

女性ホルモンの変化

最近は若い女性でも薄毛で悩んでいる方が増えています。

女性ホルモンのエストロゲンは20代後半をピークに減っていきます。

40代後半になるとエストロゲンは急激に減少して、更年期という時期に入ります。

この時期に女性は薄毛になることが多いのです

 

女性によく見られる薄毛のタイプ

 

女性の薄毛の場合は、全体的に薄くなるものの、完全に脱毛するわけではなく、 うっすらと地肌が見えているような状態になることが多いです!

 

・頭頂部の地肌が薄い

頭皮環境の悪化によりもたらされることがあります

 

・分け目が薄い(牽引性脱毛症)

ポニーテールなどのひっぱるような髪型や、長年分け目を変えないことによって起こる可能性があります

 

 ・頭全体が薄くなる(びまん性脱毛症)

女性の薄毛でもっとも多いタイプで生え際が後退するのではなく頭髪全体が薄くなり、脱毛部分の境目がわかりにくい髪の毛全体が薄くなってしまう脱毛症状で年齢的には30代後半からみられるようになります

 

 ・産後の抜け毛(分娩後脱毛症)

これは妊娠中のホルモンバランスと産後のホルモンバランスの大きな変化によって起こるもので、 基本的には産後6ヶ月~1年程度で自然回復するとされています

 

・脂漏性脱毛症とひこう性脱毛症

皮脂の過剰分泌が頭皮に起こることで脱毛が引き起こされるものですが原因としては肌に合わない洗髪料の使用やすすぎ残しなどが考えられます

脂漏性脱毛症が皮脂の分泌異常によって脱毛が起こることと比べて、粃糠性脱毛症は頭皮の角質異常によって大量のフケが発生し、毛穴周辺を塞いで しまうことで脱毛が引き起こされるという違いがあります

 

 

・円形脱毛症

老若男女を問わず誰にでも発症する可能性がある免疫性疾患で、コインのような円形に脱毛する突発性の脱毛症です。

小さな場合は自然治癒することも多いのですが大きく広がってきたり再発を繰り返したりする場合は、適切な治療が必要です

 

薄毛の現れ方のパターンによって、それぞれ薄毛となる原因は違っています。

とはいえ、女性の薄毛の原因は一つではなく、いろいろな原因が複雑に絡み合っていると考えられます

 


・プレ更年期

20代、30代ならこの更年期には当てはまらないので、食生活の乱れ・ダイエットが原因のヘアサイクルの乱れが原因で薄毛に悩んでいる人が多いようです。

30代後半の女性はプレ更年期という更年期に似た症状が出る可能性があります。 エストロゲンの減少のスピードが早かったり、体質や体調から更年期に似た症状を感じる方もいらっしゃいます。

20代の女性の薄毛対策は生活習慣やシャンプーやカラーリング、パーマなどの見直しで改善されます。

プレ更年期に入ってしまった30代の女性の薄毛対策は女性ホルモンを補う作用のある育毛剤の使用も有効です

 

女性の薄毛の主な原因とはなんでしょうか?

 

加齢・栄養不足・ストレス・過度なヘアケアが主な原因だと言われています。

どれか思い当たる原因はありますか? 

 ・加齢

身体は加齢によってたくさんの影響が出てきます。薄毛もその一つと言えるでしょう。

加齢にともない女性ホルモンや栄養が減少してしまい頭皮へ充分な栄養がが届かなくなり、毛根がやせ細ったりして脱毛してしまうことがあります。 自然なことだとはいえ、年齢の割に必要以上に毛髪が抜けていると思えるなら薄毛の可能性がありますね!

 

 ・栄養不足

 食生活の乱れによる栄養状態の変化が毛根に悪影響を与えた結果、薄毛になってしまう

女性は忙しさや過度なダイエット(食事量を大幅にへらしたり、食べない)などの理由で食事が

おろそかになると髪の毛根部に必要な栄養や酸素がいかなくなり、薄毛の原因になります!

 

 ・ストレス

ストレスそのものは薄毛の直接の原因ではなく、日々ストレスに囲まれていると女性ホルモンのバランスが崩れることにより薄毛の原因になります!

 

・過度なヘアケア

あなたは一日何回シャンプーをしていますか? もし二回以上という答えなら、薄毛の原因のひとつになっているかもしれません。 女性にとって髪は命と言われるほど綺麗にしたいとシャンプーのやりすぎで頭皮を守る皮脂まで取りすぎると、脱毛に至る可能性があります!

・女性の薄毛に関わる原因となりうる習慣

 

紫外線

汗や蒸れなどによる頭皮の汚れ

変わらないヘアスタイル、ポニーテールなど髪をひっぱる髪型

カラーリング

パーマ

朝シャン

タバコ

飲酒

睡眠不足

運動不足

 

女性の薄毛の対策方法

 

・食生活を見直す

忙しい女性はまずは食生活の見直しです。バランスのいい食事はありきたりかもしれませんが髪の毛のために大切なことなのです。バランスのとれた食生活で頭皮や毛髪の環境をよくしてあげましょう。

 

・育毛剤をつかう

ベルタ育毛剤

育毛剤と聞くとどうしても男性用という認識が強いのですが、 最近では、女性専用の育毛剤が多くあるんですね

医薬部外品の育毛剤には育毛、発毛促進、脱毛予防、フケ・かゆみの抑制といった有効成分が配合されています。
それに加え女性用の育毛剤の特徴としては、ハリ・ツヤを与える目的の成分を配合している・育毛剤と分からない見た目
など女性に嬉しい細やかな心遣いがされています。

 

 

・クリニックに相談する

自分の薄毛がどういった状態か分からない、誰かにアドバイスをもらいたい。
そのような人は薄毛を取り扱っているクリニックで相談を受けてみてはいかがでしょうか?

 

・ヘアスタイルを変える

ヘアスタイルを工夫することでわかりづらくすることができます。

例えば分け目を変えるなど手軽ですが、生えグセを矯正できるのでドライヤーひとつでボリュームアップができるのです。
また頭頂部の薄毛はロングヘアの場合、頭頂部にすっきり髪をまとめることで、隠しつつも清潔感がアップして
頭頂部の薄毛におすすめですね!

 

 

・シャンプー仕方を見直す

シャンプーをして抜け毛が増えるという思い込みからシャンプーを簡単に洗っている人がいますがそれは逆効果になります!

抜け毛を防ぐにはきちんと頭皮を清潔にして血行を良くしておくことが抜け毛を防ぐことになります!

正しい頭皮ケアで薄毛の原因を解消しましょう!

 

頭皮ケアの基本!正しいマッサージシャンプー女性編

 

 

シャンプーをして抜け毛が増えるという思い込みからシャンプーを簡単に洗っている人がいますがそれは逆効果になります!

 

抜け毛を防ぐにはきちんと頭皮を清潔にして血行を良くしておくことが抜け毛を防ぐことになるんですよ!

 

だったらどれくらいの頻度で洗うのがいいの?

 

[icon image=”check1-r”]正しいシャンプーの仕方!も見てみてくださいね!
毎日1日か・2日に1回がいいでしょう!

ですが

乾燥肌の場合はもともと皮脂が少ないので洗いすぎると皮膚炎になったり、頭皮がかさかさになるので頭皮の状態に応じて
2日に1回、あるいは3日に1回・2度洗いではなく、一度あらいにしましょう!

 

オイリー肌の方は毎日洗っても大丈夫です!

すこやか地肌シャンプー

シャンプーより大事なのは「すすぎ」です!

 

シャンプー剤が頭皮や髪に残らないように十分すすがないといけません!

 

頭皮に炎症を起こしたり、フケやかゆみがある人のほとんどがすすぎ残しがおおいです!

 

目安は約1~2分!
ちょっと長いかなぐらいでちょうどいいですよ!

髪が長いか短いかだけで男性・女性もすすぎはきっちりしないといけません!

シャンプーしたあとのタオルドライはごしごしふかないで、タオルで軽く包み込んで指に腹でマッサージする感じで優しく拭きましょう!

 

毛先は軽くパンパンち軽くたたくようにタオルに水分を吸収させます!

 

 

タオルは吸水性のいいタオルがいいです!ドライヤーのかける時間の短縮になるので頭皮のダメージがすくなくてすみますよ!

 

 

タオルドライを優しくしないといけないの?その理由はなに?

濡れている状態ではキューティクルを傷つけてしまう!それが頭皮や髪のダメージとなります!

 

それが毎日となると若いうちはいいですが年を取ってから、急激に髪や頭皮が弱りツヤやハリ・コシがなくなるだけでなく薄毛にもつながることにもなります!


髪は毎日かわかしましょう!

頭皮にものすごい近い位置でドライヤーを当てる人がいますが、ドライヤーは髪から最低でも20cmは離しましょう!

 

髪の毛を持ち上げて根元から乾かしていきましょう!毛先は余熱で乾きますのであまりあてすぎに注意です!

 

頭皮や根元が乾いていないとはねやにおいの原因にもなるんで注意してくださいね!

 

ドライヤで乾かすコツは、熱風はほどほどに70~80%ぐらいまでにして残る20~30%は冷風でもかわきます!

 

冷風で仕上げることでキューティクルが閉じてさらさらなツヤのある髪ができあがるんですね!

 

できるだけぬるい温風を当てながら頭皮を乾かせればOKです!頭皮が濡れたままだと、雑菌が繁殖して、ふけ・かゆみの原因になりますので要注意!

 

 

頭皮ケアに大事な[icon image=”check1-r”]正しいシャンプーの仕方!をご紹介しています!


[sc name=”チェック” ]この記事があなたのお役に立てましたでしょうか?
もしこの記事があなたのお役に立てましたら、応援クリックお願いします!
あなたの温かいクリックを次回の記事作成の励みにさせていたたきます!
ご協力ありがとうございます!



育毛・発毛ランキング