ベルタ育毛剤の口コミは本当なの?の疑問にお答えするために実際に3か月使ってみた効果をレビューします!香りやテクスチャ、頭皮につけた感触などを詳しく書いていきます。

ベルタ育毛剤は効果なし?実際に3か月使った効果!

背中ニキビ

温泉にも海にも行けないし着る服も限られてきます・・・。ひどい背中ニキビの原因ときれいに治す方法は?

投稿日:

皮膚科でもらったクリンダマイシンゲルという薬を塗っていますが、中々治りません。 温泉にも海にも行けないし着る服も限られてきます。将来ウエディングドレスも着れないと思うと胸が痛いです。

今彼氏はいますが まだ背中を見せたことがないし こんな背中絶対に見せたくありませんでも今後絶対に見せないといけない日がくると思うと本当怖いです。 こんな酷い背中ニキビで綺麗に治った方とかおられますか?

背中ニキビの原因

ニキビの原因となるのは、皮脂の詰まり。ホルモンバランスが崩れることや乾燥によって、皮脂が過剰に分泌されてそれが毛穴に詰まることでニキビができます。 ニキビがよくできる場所としては、顔の鼻やオデコなどのTゾーン、またフェイスラインから顎にかけてのUゾーン。そして、顔だけでなく背中も皮脂が詰まりやすくニキビができやすいのです。 また、背中にとってもは皮膚が厚く、汗や汚れが他の場所よりも溜まりやすいのでニキビができてしまえば、改善するのに非常に厄介な場所でもあるのです。

背中は、顔と違って頻繁に鏡などで見ることはありません。 気付かないうちにニキビが大きくなっていた、ニキビ跡ができていたなんて可能性もあります。 背中ニキビができたならば、早めの対処をしないとあとになってニキビを酷くさせてしまうのです。

 

・洗浄不足で「古い角質」が溜まっているのが問題です。
・ポテトチップスや揚げ物をたくさん食べていると背中ニキビができてしまいます。避けることで改善します。
・寝不足は新陳代謝を低下させて、アクネ菌を増やしてしまいますから、注意です。11時までに寝るべきです。
・ストレスが多いと出来てしまいます。発散させる必要があります。 ・女性特有の生理症状で、ストレスと重なり、背中ニキビができてしまうことがあります。ホルモンバランスは整えましょう。
・乾燥肌の人にも背中ニキビはできます。保湿が不足して発生する場合はありますが、乾燥と垢の原因が重なって深刻な背中ニキビができる可能性も否定できません。垢を落としながら、保湿すると改善されます。
・刺激が原因で背中ニキビが出てくる時があります。今現在、使っているボディソープや化粧品類を見直すと改善できるでしょう。
・毒素が溜まっているかもしれません。デトックスすればきれいに治る可能性がありますから、発汗すると解決に近づきます。毒素は全身に影響を与えますから、注意すべきです。サウナや入浴で30分以上、汗を流せれば、身体の不要な毒素を排出しやすくなります。

 

正しい背中の洗い方

背中ニキビや黒ずみを予防するためには、お肌を清潔に保つことが何よりも大切です。背中の汚れをキレイに落としてあげることで、お肌トラブルが改善されます。

 

・湯船にゆっくり浸かる

・背中はシャンプーの後で洗う

・ 最初に、シャワーでかけ湯する

・タオルやブラシは柔らかいものを

・ごしごし洗いはNG

・肌にやさしいボディソープや石鹸で

・ 最後はしっかりすすぐ

 

1.湯船にゆっくり浸かる

忙しい人はついついシャワーだけで済ましてしまいがちです。でも、背中ニキビを防ぐためには、「ゆっくりと湯船につかる」ことがポイントです。体を洗う前にゆっくりとお湯に浸かることで、毛穴がひらいて皮脂などの汚れが落ちやすくなります。 その他にも、湯船に浸かることは、美容や健康の面でもメリットがいっぱい。体温上昇で新陳代謝がアップするので、お肌のターンオーバーが正常化されて、ニキビ跡や黒ずみの改善にも役立ちます。 また、38~40度くらいの「ぬるめ」のお湯に浸かることで、自律神経の副交感神経が優位になるので、リラックス効果が得られてストレス軽減にも繋がります。

2.背中は「シャンプーの後」で洗う

背中をキレイにする洗い方は、「洗う順番」を意識することも大切です。 一番はじめに背中などの体を洗ってから、その後にシャンプーをしてしまうと、すすいだシャンプーやリンスなどの残りカスが背中に付着したままになって、ニキビなどのお肌トラブルの原因になります。

3.背中に「かけ湯」をする

背中を洗う前は、十分にシャワーで「かけ湯」をしてください。 シャワーをしばらく背中にあてることで、残ったシャンプーなどのカスが流れやすくなります。さらに、ボディソープや石けんの泡立ちも良くなりますし、湯船で開いた毛穴に残る汚れも浮き上がらせることができるので、汚れが取り除きやすくなります。 また、シャワーの温度は、40度以下の「ぬるめ」に設定するのがオススメ。お湯が熱すぎると皮脂を必要以上に洗い流してしまうので、入浴後のお肌の乾燥に繋がります。乾燥は、背中ニキビなどのお肌トラブルを引き起こす原因になるので要注意です。

4.柔らかいタオルやブラシで洗う

一般的に、体を洗うときにはナイロンタオルを使って洗っている人が多いと思います。しかし、ナイロンタオルは、お肌への刺激が強すぎるので、使い続けていると思いもよらないスキントラブルの元になることもあるので注意しましょう!お肌を傷つけることになるので、背中ニキビや黒ずみなどの問題を引き起こして、汚い背中につながる可能性もあります。 体を洗うタオルは、絹やコットン、リネン(麻)などの「柔らかい天然素材のタオル」を選ぶようにしましょう。また、泡立ちがとても良い「柔らかいスポンジ素材のタオル」でもOKです。もし、ボディブラシを使っている人は、毛が柔らかく優しい肌触りのタイプのものを選びましょう。

5.強い力で「ゴシゴシ洗い」はダメ

背中の洗い方でとても重要なのが、「やさしく洗う」こと。ゴシゴシと強い力で洗ってしまうと、いくらタオルやブラシに気をつけていても意味がありません。とくに、背中ニキビがある人の場合は、さらに強い力で刺激を加えてしまうと、いつまでも治らないどころか、どんどん炎症が悪化してしまうので要注意です。 背中などの体を洗うときは、薬用石鹸やボディソープをモコモコに泡立ててから洗ってください。体の汚れは、泡でもきちんと落とせます。

6.肌にやさしいボディソープや石鹸で洗う

背中を洗うボディソープや石けん選びも重要なポイントになります。洗ったあとの爽快感や香りが強いタイプのモノは、界面活性剤を多く含んでいることが多いので要注意です。 界面活性剤そのものに毒性があるわけではありませんが、皮膚上に残り続けるかぎり洗浄力が失われないので、使いつづけたりすすぎ残しがあったりすると、必要な角質までが剥がれてしまって、お肌のターンオーバーの乱れを引き起こすことにつながります。 背中を洗うボディソープや石けんを選ぶポイントしては、「無添加で低刺激」のモノがおすすめです。とくに、背中ニキビが気になる人は、肌にやさしいピーリング効果と薬用有効成分が含まれた「ニキビ対策用のボディソープ」がおすすめです。 また、入浴後の背中の乾燥を防いで、しっとりなめらかな肌をキープするためにも、「保湿成分」が含まれているか確認しましょう。背中ニキビを予防・改善するには、汚れの除去&保湿のダブルの対策がポイントです。

7.背中をしっかりすすぐ

背中をやさしく洗い終えたら、すすぎ残しがないように「しっかりとすすぐ」ようにしてください。シャワーで流しながら「手でなでるように」すすぐと効果的です。シャワーの水流だけですすぐと、石けんカスが残る場合があるので気をつけてください。 また、洗い終えたボディタオルやブラシもしっかり洗っておきましょう。石けんカスが残っていると雑菌が増えて、次回使う時に不衛生です。すすぎと乾燥をきちんと行なって、バスアイテムも清潔に保つように心がけてください。

 

背中の肌を健康な状態に戻す

 

背中ニキビを治すには、肌を健康な状態に戻さなければなりません。 ニキビができている肌というのは、皮脂や古い角質が溜まっていて肌の新陳代謝が行なわれていない不健康な状態なのです。ですので、背中ニキビを治し方として一番重要な事は、肌を健康な状態にすることです。 肌を健康な状態に戻すには、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進させる必要があります。皮膚を新しく作り、古い皮膚を外側に剥がしていくことが、背中ニキビを治すのです。

では、肌の新陳代謝を活発にして、健康な状態に戻すにはどうすればいいのでしょうか?

 

1,内側からのケア「睡眠や食事など生活習慣に気を配る」

寝不足・睡眠不足だと肌が荒れたり、ニキビができやすくなります。 肌の新陳代謝は眠っている間に行なわれます。特に肌の生まれ変わりが行なわれるのが、 午後22時から午前2時までの4時間位だといわれています。 俗にゴールデンタイムと呼ばれれる程、肌のターンオーバーが活発になるのです。その時間帯に寝ることによって肌の生まれ変わりが活発になり、健康な肌になるのです。

その時間帯に寝るのが難しいと思われるかもしれませんが、睡眠が非常に必要不可欠です。ニキビを治したいならば、肌を休ませる為に十分な睡眠時間は確保して下さい。

次に重要なのが食事

現代、外食やコンビニなどで手軽に食事ができるようになりましたが、そういった食事を繰り返していると、肌に悪影響をもたらしてニキビの原因にもなります。背中ニキビを治したいのであれば、肌に栄養を与えるような食事を心がけましょう。

例えば、ビタミンCやビタミンB2、B6などがあげられます。それらは、グレープフルーツやミカン、レモンなどの柑橘類のフルーツや、ほうれん草、アボカド、カボチャなどの緑黄色野菜に多く含まれます。それらを摂取してニキビ改善・予防をします。

 

睡眠や食事などの生活にかかわることに気を配ることで、内側から肌を綺麗にしていきます。また、飲酒やタバコなども肌の刺激になり、ビタミンを奪うので、極力控えることをお勧めします。 背中ニキビの無い肌を作るには、まずは健康的な生活からということを心がけましょう。

 

2.外側からのケア「肌に保湿を与える」

ニキビができる皮膚は、水分が少なく乾燥しておりゴワゴワと角質が硬くなっています。その皮膚を健康な状態に戻すには、保湿を与えることが何よりも必要不可欠です。肌に潤いを取り戻すことによって、正常な肌の働きが戻りターンオーバーを促進します。ニキビを改善したい、予防したいならばまず保湿することが重要になります。 特に背中は皮膚が顔よりも厚く、皮脂が詰まりやすいため通常のスキンケア用品は効き目が弱くなります。

なぜなら、市販のニキビ薬や化粧水は、厚い背中の肌にその有効成分が浸透しないからです。つまり、背中には、背中ニキビ専用のスキンケアが必要になってくるのです。 今まで色んな化粧水やニキビ薬など使ってきたけど改善されなかった、治らなかった、という原因は背中ニキビ専用のスキンケアを使用していなかったことが挙げられるでしょう。

-背中ニキビ

Copyright© ベルタ育毛剤は効果なし?実際に3か月使った効果! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.