ヘアケアで注目すべきなのは髪の土台である頭皮です

 

髪の健康は頭皮から。頭皮環境が整えば健康な髪の毛が育ちます!(頭皮は土・土壌がよくないと植物が育たないように髪の毛も頭皮環境がよくないと健康な髪の毛は生えてこないのです!)

 

頭皮が乾燥してる


皮脂が毛穴に詰まっている


頭皮が傷ついている


 

このような頭皮トラブルは、ケアを怠っていたからではなくケアのしすぎで起こることが多いのです!

洗いすぎで頭皮環境を悪化させてしまい、それを気にして更にケアしてしまう・・・・。

そんな悪循環にならないように正しいヘアケアを学びましょうね!

 

正しいヘアケアの仕方

 

シャンプは一日に一回で十分です!きちんと乾かすことができていれば、特別なケアは必要ありません!

 

・シャンプで頭皮の汚れをおとす

シャンプするときは「髪を洗う」のではなく「頭皮を洗う」ことを意識しましょう!

頭皮についた汚れはシャンプー前のブラッシングでやすすぎでほとんど落ちてしまいます!

シャンプーは頭皮についた古い角質や皮脂・汗が乾燥した塩分などお湯では落ちにくい汚れを洗い流します!清潔に保つことで頭皮環境が整ってきます

シャンプー剤が頭皮に残っていると頭皮トラブルの原因になります!しっかりとすすぎましょう!

 

抜け毛を防ぐためにも、健康な髪の毛を維持していくためにも頭皮の状態をよくすることや清潔な状態を保つことは重要です。

洗髪時には、シャンプーでしっかりと頭皮の汚れを落とすようにしましょう。ただし、敏感肌の場合など肌が刺激に弱い場合には、少し洗浄力を落とした低刺激なタイプのシャンプーで洗うことも大切です。頭皮に負担がかかりすぎてしまうことで、頭皮が荒れる原因になるため自分の頭皮環境に合ったシャンプーを使用することもポイントの一つです。

また、洗いすぎによる皮脂の落としすぎには注意しましょう。毛穴を詰まらせる原因や肌を保護する役割のある皮脂ですが、洗髪で落としすぎてしまうと頭皮の乾燥の原因になることもあります。適度に余分な皮脂を洗い流すことも頭皮への負担を減らすには大切なことです。

 

・トリートメントで髪の油分を補う

トリートメントは髪の栄養や油分を補い、髪の毛を保湿したり・指通りをよくする効果があります!

髪がごわごわで引っかかりやすいと、切れ毛や抜け毛を招くのでトリートメントを使うことで髪の傷みを軽減できます!

ただしトリートメントは頭皮につけないようにきを付けましょう!(毛穴を詰まらせる原因になります)

 

頭皮を清潔に保つこと以外にも、髪の毛に関してもきれいな状態を保つにはトリートメントで髪の脂分を補うということも大切です。髪がぱさついている状態や触れた時の感触などで髪の状態が悪いという場合には、対策をする必要があります。

トリートメントをすることで、髪の傷みを抑えることになり、きれいな髪の状態や触れた時にさわりごこちのいい髪質により周囲からのイメージアップにもつながるでしょう。ですが、トリートメントもその成分が髪にずっと維持できるわけではないため、定期的にトリートメントをしてきれいな髪の毛を維持していくことが大切です。

トリートメントをするということは髪の内側から髪のダメージを修復するイメージを持つといいでしょう。そのため、自分の髪質にあったトリートメントをする必要があるため、自分の髪の状態からトリートメントを選ぶようにしましょう。

 

・洗髪後は水分を残さずしっかり乾かしましょう!

 

リンクボタン

リンク先のタイトル

リンク先の説明文

髪の毛は濡れるとキューティクルが開きとても無防備な状態になります!

ちょっとしたことでもダメージを受けやすく髪の毛がこすれあうだけでもキューティクルがはがれ落ち髪がパサパサになってしまいます。

 

頭皮に潜む常在菌が繁殖して頭皮のにおいやダメージにつながってしまいます!

シャンプー後はできるだけ早く乾かしましょうね!

 

洗髪後には、しっかりと水分を拭き取ることが重要です。ですが、タオルでごしごしと強い力でこすると頭皮や髪の毛の毛根に対して負担がかかるため、軽く全体的に水分を拭き取ることが大切です。

また、ドライヤーを使用して髪の毛を乾かす場合には、頭皮、髪の毛からあまり近い距離でドライヤーを使用すると頭皮や髪の毛を傷める原因になります。

ドライヤーを使用する時は、少し頭からはなれた位置からドライヤーを使用して、温風を一点に集中せずに全体的に散らすようなイメージで手首をうまく使いながら髪の毛全体に温風がかかるように乾かしていきましょう。

一点に温風を集中してしまうと損部分は乾きますがそれ以外の部分がしっかりと乾いていない状態となり、また、集中的に温風をあててしまうと頭皮や髪の毛に対してダメージとなる可能性があるため、集中的に温風があたらないようにすること、頭部全体にまんべんなく温風があたるようにして全体的に水分が残らないようにしましょう。

 

・髪の根元から丁寧にブラッシング

 

髪をかわかしたら、髪の毛を丁寧にブラッシングしましょう。洗髪が終わり髪の毛を乾かした状態は髪がうまくまとまっていません。そのため、丁寧にブラッシングして髪がうまくまとめましょう。

ブラッシングをする際にもあまり強い力でブラッシングをすると頭皮や髪の毛に負担がかかります。洗髪後はブラッシングをしても髪がひっかかることなく比較的スムーズにブラッシングできますが、それでもまれに髪の毛が絡まる場合もあります。

その状態で無理やりブラッシングしてしまうと髪の毛の毛根に負担をかけてしまうことになるため、あまり力まかせにブラッシングせずに軽く丁寧に髪の根元からブラッシングしていきましょう。

 

きれいな髪の毛を保つためには洗髪をしっかりと行い、トリートメントで髪の毛のダメージを修復、しっかりと髪の毛をかわかし、丁寧にブラッシングをかけることで清潔な頭皮環境を維持すること、健康的な髪の毛の維持につながります。

 

定期的にヘアケアを行い、きれいな髪の毛を保っていけるように心がけていきましょう。

育毛人気ランキング

この記事があなたのお役に立てましたか?

もしこの記事があなたのお役に立てましたら、応援クリックお願いします!

あなたの温かいクリックを次回の記事作成の励みにさせていたたきます!ご協力ありがとうございます!



育毛・発毛ランキング

おすすめの記事