ストレスと上手に付き合おう!髪育生活

現代女性の悩み

ストレス社会とも言われる現代において、性別に関係なく多くの人がストレスを抱えています。そんな中でも女性の社会進出が著しいことから仕事によってストレスを抱えてしまう女性が多くなり、またそれを上手に発散させることができなくて体調を崩してしまうという女性もたくさんいます。

 

男性に比べて女性の方がストレスを感じやすく抱え込みやすいという特徴があるため、この現状はとても深刻なものととらえても良いでしょう。

ストレスは万病のもとと言いますが、病気だけではなく美容にも大きなダメージを与えます。美への探求心が強い女性にとっては無視することができないものです。いつまでも健康的で美しくありたいと願うのであれば、まずは自分が無意識に抱えてしまっているストレスと向き合い、解消させたりして上手に付き合っていくことがとても大切になります。

 

ストレスは時間差で髪に攻撃する強敵です

ストレスを感じたからと言って次の日には髪の毛が抜けてしまっていたり、白髪になったりとすぐに何かしらの影響を実感することができるわけではありません。

ストレスがどんどん蓄積されていき、またそれによるダメージも少しずつ蓄積されていくことによって目に見える形で影響が現れるようなります!

・ストレスによって引き起こされる自律神経の乱れ

ストレスによって引き起こされるのが自律神経の乱れです。活動的な時に優位に立つ交感神経と、休んでいてリラックスしているときに優位にたつ副交感神経の2種類の神経によって自律神経が成り立っています。

 

人が健康的に生活する上でこの自律神経のバランスというのは非常に重要になってくるのですが、このバランスが崩れることによって体調不良を招くだけではなく、肌や髪の毛など美容面にも大きなダメージを与えてしまうようになります。つまりストレスというのは目に見えない強敵なのです

 

免疫力の低下は抜け毛を招く

免疫力というのは体を守る上でとても大切です。ウイルスや細菌が体内に侵入してきたとしても、それを防衛してくれる免疫力があれば風邪などの体調不良からも体を守ることができます。

しかしこの免疫力というのは食事や運動などの生活習慣だけではなく、ストレスによっても低下してしまう恐れがあります。これが「ストレスは万病のもと」と言われるところです。

・免疫力の低下を防ぐ

免疫力が低下するということは、十分な栄養が体中に行きわたりにくい状態になってしまいます。そのため毛母細胞にまで栄養が到達せず、抜け毛や薄毛を招く要因にもなり兼ねないということが言えます。

つまり、抜け毛の原因というのは遺伝や日頃のケア不足だけではなく、ストレスによる免疫力の低下の可能性があるとも考えられるのです。

風邪予防などはもちろんのこと、髪の毛の健康のためにも規則正しい食生活や適度な運動、ストレスをためこまずに十分な睡眠をとるなどの生活習慣を整えることが大切なのです

 

ストレスを減らそう

ストレスは体にも心にも良いものではありません。しかし目に見えないためどれだけのストレスがたまっているのかを判断することが難しく、また周りの人から見ても分かるものではありません。

そのため最近風邪をひきやすくなった、髪の毛が抜けたり白髪になったりするようになったなどの目に見える変化がないと気づくことができないケースも多々あります。

 

・大切なのはストレスと上手に向き合うことです

まったくストレスがない状態というのは難しいので、健康や美容を害するレベルまでため込まないように上手に発散させることが大切です。

人それぞれ発散法というのは異なるので、自分に合った発散法を見つけ、上手にストレスと付き合っていくということがとても大切です。

 

 

自分1人の力では難しいのであれば、家族や恋人、友人など周りの人々にも手伝ってもらうと良いでしょう。そうすることで前向きになれるだけではなく、健康的で美しく、魅力的な女性になることもできます。

 

コメントを残す