髪を洗う時にお湯で濡らしてすぐにシャンプーをつけていませんか?このやり方はNGなんです!

 

毎日やり続けていると頭皮や髪の環境が悪化することになります

 

なぜだめなのか正しい洗髪方法を御紹介します!

 

まずはお湯で3分ぐらいしっかりお湯で髪と頭皮の汚れを落とすことです!

 

「頭皮は皮脂が多くしっかり流せていないと、細菌や微生物が繁殖して、においやかゆみ・ふけの原因になります!毛穴に皮脂がつまり抜け毛や頭皮ニキビの原因になります!」

 


髪と頭皮を傷めずに洗う方法は

 

リンクボタン

リンク先のタイトル

リンク先の説明文

お湯の温度 38~40度

熱すぎると必要な皮脂や潤いまで洗い流してしまい、頭皮の乾燥の原因なります!
冷たすぎると、汚れが十分落とせない!

 

お湯のみで3分程度優しく洗う

 

髪表面についた、ワックスやスプレーは丁寧に洗えばお湯だけでも十分汚れをおとせます!

・ショート・ミディアムヘアは2~3分
・ロングヘアは3~5分

 

を目安に指の腹で頭皮をマッサージするようにしてください!

 

シャンプーはもこもこに泡立てる

シャンプー剤は刺激が強いものが多いので、頭皮に直接つけないほうがいいです!

シャンプーは泡で洗うほうが頭皮のかぶれ等のトラブルになりにくいですが、なかなか泡にしにくい方におすすめなのが泡立てネット!専用の泡立てネットが100均でも売っているのでぜひためしてみてほしいです!

泡立てたシャンプーをあたまにのせ指の腹で洗う!

 

・爪で洗うのは絶対にNGです!(頭皮に傷がつく)
・指に腹でこするのもNGです!(新生毛を引き抜くおそれあり)

 

正しいシャンプー仕方は指の腹ではなく指頭(ピアノやキーボードを押す部位、爪先と指腹の中間部分)で頭皮をこすって洗うのではなく、指をあてたまま頭皮ごと動かすように洗うことが大事ですよ!きもちいいと思う力加減で優しく頭皮を動かす程度で十分です!

すすぎはしっかりとながす

シャンプの泡は、ぬるつきがないから大丈夫と思っても、まだ頭皮に残っていることが多いです!そのすすぎ残しが頭皮や髪のトラブルを引き起こす一番の原因となるので、洗い流せたと思ってから 2~3分程度すすぐといいですね!

 

いかがでしたか?

 

お湯をかなり使うので水道代がかかるかもしれませんが抜け毛や薄毛頭皮の乾燥やかゆみが気になる女性は一度ためしてほしいです!

 

シャンプーの仕方まとめ

髪の毛にはヘアサイクルという毛が生えてから抜けるまでの周期があって、新生毛の生え始めは古い毛が抜けた毛穴には耳たぶに生えているような細い状態で生えてくるので頭皮にしっかりと根付いていなくかなりぬけやすくなっています

 

ヘアサイクルに合わせて今まで生えていた髪の毛は抜けていくのですが同時に新生毛が生まれ太く育っていけば問題ありません! しかし、間違ったシャンプーの仕方で繰り返し新生毛を引き抜いてしまうと育つ毛がないため薄毛になってしまい育毛剤を使っても意味がなくなってしまう

頭皮の汚れには

皮脂・汗・フケ・毛屑などの老廃角質、頭髪化粧品(ワックス・スプレー・ムース等)などの油脂類、大気中のゴミやほこり、カビ、細菌類などが混然一体となって付着しているのです!

不潔になりやすい頭皮・頭髪を清潔に保ち、マッサージをおこない皮膚の生理機能を高めて新陳代謝を盛んにして健康で美しくするのがシャンプーの本来の役目です

 

最初は頭皮を動かすだけでは洗っている感じがないかもしれませんが、頭皮を動かすように優しく洗ってみてください!

直接頭皮にシャンプーをつけるのがNGなのか?


濃度の濃いものをつけたところはすすいでもきちんとシャンプー剤が落ち切らないのです!

 

どういうことかというと

 

白いシャツにワインなどをこぼしてつけた場合、すぐに洗い流してもついたその部分はなかなか落ちないのと同じです

 

すすぎ残りは頭皮環境に悪影響なのでやめましょう?

 

健康頭皮の「う・な・は・た・け・つ・せ」が整った頭皮改善方法
頭皮改善方法 髪様シャンプーとは?

この記事があなたのお役に立てましたでしょうか?
もしこの記事があなたのお役に立てましたら、応援クリックお願いします!
あなたの温かいクリックを次回の記事作成の励みにさせていたたきます!
ご協力ありがとうございます!
にほんブログ村 美容ブログへ

にほんブログ村
育毛人気ランキング

この記事があなたのお役に立てましたか?

もしこの記事があなたのお役に立てましたら、応援クリックお願いします!

あなたの温かいクリックを次回の記事作成の励みにさせていたたきます!ご協力ありがとうございます!



育毛・発毛ランキング

  • 頭皮のべたつき・においを解消する正しいシャンプーの仕方とは?
  • 髪育のためのブラッシングテクニック!髪ツヤアップするだけではなく目の疲れをとり頭のコリもほぐせます
  • 髪育のためのドライテクニック!いかに早く乾かすかが美髪のポイント
  • 髪を濡らして即シャンプーはNGですよ!
  • 頭皮のために大切にしたいシャンプー剤の選び方
  • 抜け毛の原因はトリートメント?正しく使えば解決できる
おすすめの記事